千種高等学校 更新記録
RSS2.0

千種高等学校

本日の3,4校時、1年生がインプロ学習を行いました。授業を担当するのは、特別非常勤講師の長谷中先生と國分先生です。外部から来られた先生ということもあり、最初はやや緊張気味でしたが、國分先生の軽妙なトークとさまざまな作業を繰り返すことにより、場の雰囲気は和らいでいきました。 身体を動かしながらの交流で、自然とみんな笑顔になっていしまいます。  この学習が、より良い関係を築くきっかけになることを願っています。    
  4月8日より2年生がスタートしました! 今週は全校生徒で対面式・学年交流行事に加え、身体測定や各検診などもあって大忙しです。 少し疲れた生徒もいるのではないでしょうか。 部活動もあると思いますが、この週末で体力を回復させて下さいね。 少しですが、 51回生の様子を紹介します!   【入学式来賓受付】    【対面式・部活動紹介】 自然科学同好会の紹介をしています。   【学年交流行事】      【校外学習(LHR)】 5月2日に行われる校外学習の行動計画(神戸研修)を立てています。   【総合的な探究の時間】 今年度最初の授業なので、 オリエンテーションや傘袋飛行機を作製しながら、 どうすれば遠くに飛ばすことが出来るのかを試行錯誤しながら考えました。  
今日から通常授業です。給食の開始は明日からのため、今日は弁当等を持参しての昼食です。 千種高校では珍しい昼食時の光景です。今年は多くの桜が残っており、窓の外を見ながらお花見をしている生徒がいてほっこりしました。
千種高校では、長期休業開けに生徒全員と面談しています。1年生は入学したばかりなので動きが異なりますが、2,3年生は22日までの間に行うことになっています。 千種高校は先生との距離が近いという感想を生徒からよく聞きます。このような取組により、何でも相談できる雰囲気が醸成されているのだと思います。
 入学したばかりで、新入生は緊張の連続だと思います。高校生活に不安を抱くのも当然のことで、その不安を少しでも和らげることを目的として、本日交流行事を行いました。  1限目は各学年1人ずつ3~4人が集まり、最初に自己紹介をした後、2,3年生は部活動のアピールや千種高校の良いところを紹介し、1年は気になることや心配事を話しました。3分経てば、2,3年が次の1年生のところに移動する要領で多くの交流ができました。最初はなかなか話が続かなかったのですが、次第になれ、場の雰囲気も和んでいきました。  また生徒会の企画では、ある事柄から連想する漢字をもとに、グループ内の他の人がその事柄を当てるというクイズを行いました。ユニークな企画で会話も多くなり生徒間の距離が近づきました。人によって感じ方や表現の仕方が異なり、コミュニケーションすることの楽しさが味わえるひと時でした。      
本日、対面式がありました。生徒会長が「行事を通して早く千種高校に馴染んでほしい」と述べ、新入生代表は「わからないことはあるが指導してほしい」と挨拶をしました。 その後、新入生一人一人から自己紹介があり、全員が名前や出身校、意気込み等を語りました。 対面式後すぐに部活動紹介に移りました。各部の代表者が、部員数、活動時間及び活動状況を説明しながら、まずは活動しているところを見に来てほしいと勧誘しました。現在、部員がいないスキー部は主顧問が説明し、新入生にとってなじみの薄いライフル射撃部は、ライフルを持参して2人で説明していました。 明日から12日までが見学・体験の期間です。しっかりと見学をして、入部する部活動を決めてほしいと思います。
いよいよ新学期が始まりました。学年がかわったためか、体育館に集まった生徒の様子はこれまでと違い、やや緊張しているように感じられました。 始業式に先立ち、着任式が行われました。校長より新着任の6名の紹介があり、新着任者を代表して、田中事務長が挨拶をしました。 続く始業式の式辞の中で、校長は新しい人との出会いと新たな人間関係を築く中で、新しい自分を発見することがあること。そして、その出会いをより意義深いものにするために、「われ以外みなわが師」という姿勢を持ち、立場や上下関係にとらわれず相手を尊敬することが大切であるということを述べました。 式後、職員の校務分掌が発表されました。予定通りだったのか、静かに発表を聞く生徒の姿がかえって印象的でした。 14時より入学式が挙行されました。多くの来賓の皆様にご臨席いただき、地域の皆様の強い思いに学校が支えられていることを改めて感じました。 入学許可では、担任の呼名に52回生35名が元気に返事をしていました。続く式辞では、校長が「入学の機会を生かす」「高い志を持つ」「没頭できることを見つける」ことで、人生の中でも意義深い高校3年間をより充実した時間にしようと述べ...
本日(4月5日)は始業式前最後の平日ということで、4月8日の始業式に向け会場準備を行いました。   春休み中ということもあり、部活で登校してきた生徒たちが中心となって会場準備を行ってくれました。 手の空いている教員総動員で準備しましたが、なんせ小規模校ですから教員だけでは大変すぎます。 そんな事情を知ってか知らずか、卓球部、野球部、茶華道部その他有志の生徒たちが不満一つ漏らすことなす、張り切って準備してくれました。本当にありがたいことです。   1時間ほどで会場準備はおわりましたが、その後茶華道部のメンバーたちは夕方まで茶華道の講師の深川先生のご指導をうけながら生け花を準備してくれました。 いよいよ満開に近づいてきた千種高校の桜を生かした生け花です。どんな生け花かは4月8日のお楽しみです。入学式にご参加の方、ステージ横の生け花にもご注目ください。     カメムシ退治中   獄門疆に封印されたカメムシ達  
本日(4月4日)は合格者登校日でした。 まだまだ肌寒い千種高校の駐車場に咲く桜はようやく花を咲かせはじめましたが、まだ満開ではなく、4月8日の入学式を待ってくれているかのようです。   さて、そんな寒空のした中学校の制服に身を包んだ合格者達が登校してきました。 登校後調理室に集まった合格者達の表情はまだまだ緊張感に包まれていました。   全員が無事揃い、入学式の練習を行いました。 学年主任の先生の説明を聞いたのち入場したり、呼名の練習をしたのですが、なかなか元気がある合格者達だと感じました。これは入学式が楽しみです。   その他、書類を提出したり、写真を撮影したり、自己紹介カードを記入したりと大忙しの時間過ぎ解散となりました。 解散後玄関で千種高校の制服を受け取りました。 そう中学校の制服を着るのは今日が最後。 4月8日から千種高校の制服で、千種高校生としての生活がはじまります。 4月8日また会えることを楽しみにしています。      
初戦の相手は市川高校さん。 ー試合結果ー 市川14−1千種 初回 先発の竹添壱星は 三振も奪う 3者凡退に抑える上々の立ち上がり! しかし 相手は私学の市川高校。 徐々にヒットを重ねられ 終わって見れば14−1の7回コールド負け。 打たれはしたが、エース竹添壱星は 四死球なしの完投!! 夏に繋がる投球を披露できた! 扇の要の村上隆太朗は盗塁を刺し 成長する姿を見せることができた。 夏に向けて今日の反省を生かし 主体的に本気で練習していこう!! 夏は勝って泣くよ!!! 【試合前】 強気で積極的にいくぞっ!!! 【試合後】 井川監督 気持ち新たに 夏に向けてまた頑張っていこう!!